眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

スポーツ

人生で感動した勝負ベスト10

シンプルに、人生で感動した勝負ベスト10。1990年代~2010年代までランキングで紹介しています。 たった今思いついたけど、どうせならM-1とかお笑いの賞レースも入れればよかったな。別でやるか…。

【パワプロ地獄】『龍が如く』の選手を羅列する~非東京混成チーム編~

パワプロ×龍が如くの後半戦。さらに人数が増えて67人となりました。さすがに体力は使いましたが、好きなものと好きなものなので疲れも半減。 同じくこの2つのゲームが好きな人にだけ捧げます。

【パワプロ墓場】『龍が如く』の選手を羅列する~東京連合編~

パワプロでつくった『龍が如く』選手を羅列するだけ。ただそれだけのストレス発散コーナーです。真似したい猛者がいたら参考にしてください。 パワプロの再現選手作成は狂気の世界。

音のルーティーン

「NO MUSIC, NO LIFE. 」なんてコピーがあるように、書くことや働くことと同じくらい浸透しているのが、音楽を聴くというルーティーン。そのラインナップはなかなか昔から変わりません。 みなさんはどんな感じでしょう?

【卓球】かわいい後輩との激闘

僕たちの弱小卓球部にとんでもないルーキーが入ってきた。とはいえ、僕たちにも先輩の意地がある。後輩の快進撃を止めるために、弱者である僕が磨いた戦略とは?

イチロー「虎やライオンは筋トレしない」発言への反論で打線組んだ

イチロー「虎やライオンは筋トレしない」発言は穴だらけだ!ということでいろんな反論を試みるコーナー。

パワプロで学ぶ将棋棋士④(最終回)

パワプロ棋士紹介も今回でいよいよラスト。現役最強棋士と呼び声高い渡辺明三冠、佐藤天彦前名人を始め強豪棋士が並びます。 最後は、パワプロと将棋界への想いも書いてみました。

パワプロで学ぶ将棋棋士③(全4回)

パワプロ✖️棋士、3回目。今回からピッチャー編です。 打者に比べると能力の基準はあいまいで、コントロールは指し手の精度、スタミナは対局時間が長いのと短いのどちらが得意かとかそんな感じですね。変化球はリアルガチで適当です。

パワプロで学ぶ将棋棋士②(全4回)

パワプロ×将棋第2弾。ミニコラムを交えて棋士の個性をご紹介します。今回は豊島名人や藤井聡太七段をはじめ、若手人気棋士が勢ぞろい。

パワプロで学ぶ将棋棋士①(全4回)

200人足らずの少数精鋭ながら、キャラが濃いことで知られる将棋界。将棋が詳しくない方でも魅力が伝わるように、パワプロで再現してみました。野手編第一弾は羽生善治九段(永世七冠)、佐藤康光九段(永世棋聖)など羽生世代の強豪ぞろい。

やつあたり骨折、痛杉内俊哉

プロ野球界では杉内俊哉選手、パットン選手がやってしまった、やつあたり骨折。実は僕もやったことがあったり。事件の顛末、手術の模様。いまここに懺悔します。

川崎競馬場でかくれんぼ

人生初の川崎競馬場。施設の様子などをレポートにまとめました。馬の競争を楽しむつもりが、おっさんと追いかけっこする事態に。

箸の持ち方と種田の打法

あなたは他人の箸の持ち方が気になりますか? 僕は気にならない方ですが、嫁や子供が変な持ち方なら直せと言います。なぜなら。

スポーツの誤審は気にならない

スポーツ選手は誤審に抗議すべきではない。その2つの理由とは?

プロレスと八百長とダチョウ倶楽部

「プロレスって八百長でしょ?」という問いがいかにナンセンスなものか。突き詰めていったところ、ダチョウ倶楽部にたどり着きました。