眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

『龍が如く0 誓いの場所』芸能人レビュー

f:id:nemuhiko:20190802065747j:image

「夏に龍が如くは暑苦しい!」

「このご時世に反社か!」

「いつまで続くんだ!」

と、どうか仰らないでください。今回はいよいよ、最高傑作と名高い『龍が如く0』を振り返ります。時はバブル真っ只中の1988年。主人公・桐生一馬がまだ東城会の若衆だった頃のお話です。

 

今作の出演芸能人は…

 

 

※実際のビジュアルは以下参照。

matome.naver.jp

 

 

小沢仁志さん(久瀬大作役)

見た目:★★★★★★★★★★ 10

  声:★★★★★★★★★☆ 9

演技力:★★★★★★★★★☆ 9

東城会の若頭候補三人衆の一人(武力タイプ)。小沢さんにとってバブルのヤクザはお手の物でしょう。「顔面暴力」の名に恥じない、超弩級の迫力を見せてくれます。

強さ、怖さ、不条理さ。何もかもがハマっていて、もう素の小沢さんに戻れません。今後テレビで強面ドッキリなんかに使われていたら、「てめえうちの兄貴に!」とプロデューサーを恫喝したくなるかもしれない。

声はハスキーすぎて字幕なしだと聞きづらい部分もありますが、何言ってるかわかんない感はヤカラ演技にむしろプラス。ファズギターの味わいですね。

 

竹内力さん(阿波野大樹役)

見た目:★★★★★☆☆☆☆☆ 5

  声:★★★★★★☆☆☆☆ 6

演技力:★★★★★★★★☆☆ 8

若頭候補三人衆の一人(狡猾タイプ)。なんかこのキャラだけモデルのかっこよさが消えているような…。あえてなのかもしれませんが、男の脂気が抜けてしまったように感じました。

小沢さん同様、竹内さんもヤクザ経験値は非常に高く、セリフ運びはスムーズです。ただ竹内さんの方が声質がクリアな分、聞きづらい発声が耳につきやすいかもしれません。

例を挙げると、「てめえ、なめてんのか?」が「でめえ、なめでんのか?」と濁る感じ。僕には十分聞き取れますが、Siriには無理だと思います。

 

中野英雄さん(渋澤啓司役)

見た目:★★★★☆☆☆☆☆☆ 4

  声:★★★★★★★★★☆ 9

演技力:★★★★★★★★☆☆ 8

若頭候補三人衆の一人(知略タイプ)。かつてはラグビー体型の代表格だった中野英雄さんが超絶スラッとしてるという現実に、僕は最後まで慣れることができませんでした。きっと20代以下なら違和感はないんでしょう。

しかし、中野さんは側近がよく似合いますね。小沢、竹内の両兄貴分に対して、

「このままでいいんですか。示しがつきませんよ」

と一歩下がって操る態度はもはや様式美。声も演技も渋澤です。

 

井浦新さん(立華鉄役)

見た目:★★★★★★★★★★ 10

  声:★★★★★★★☆☆☆ 7

演技力:★★★★★★★★☆☆ 8

神室町を牛耳る、闇の不動産屋を演じます。無表情で何を考えているかわからないけれど、時おり声に熱いものが隠せない性質。井浦さんは見るからに適役ですね。想像したより泣きの演技が上手くて、嫁に内緒でもらい泣きしてしまいました。

ちなみに僕は、井浦さんを有楽町の無印良品でお見掛けしたことがあります。フランスでは白アスパラガスのことを「マドモワゼルの指」というそうですが、井浦さんは全身そんな感じでした。分かりづらくてすみません。

 

鶴見辰吾さん(佐川司役) 

見た目:★★★★★★★★★★ 10

  声:★★★★★★★★★★ 10

演技力:★★★★★★★★★★ 10

すべてが完璧。数ある俳優さんを褒めながらも、満点をつけなかったのはこのためです。

鶴見さんからうまい具合に優等生エキスを取り除いたモデリング。演技は間の取り方のうまさに加えて、映画の吹き替えっぽいこなれた雰囲気も出せます。まさに芸能人起用の理想形!!と感じました。

さらにさらに、ゲームに対する取り組み方や、プレゼンまで最高なんです。よかったら、以下の動画を見てみてください。

 

www.youtube.com

 

 

龍が如く0』のレビューは以上です。

今さら鶴見さんのようなベテラン俳優を断然見直したり、主題歌を歌う湘南乃風に興味を持ったり。僕としては自分自身の知らない一面にも出会える斬新なタイトルでした。

龍が如く入門用にもぴったりなので、興味を持った方はぜひやってみてくださいね。(ガリットチュウ福島もいるよ!)