眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

パワプロで学ぶ将棋棋士④(最終回)

f:id:nemuhiko:20190817225623j:image

パワプロ棋士紹介も今回でいよいよラスト。せっかくなので、ちょうど1年前に買った8大タイトル8人揮毫のレア扇子を出してみました。嘘みたいだろ…1年で棋王以外全員変わってるんだぜ…?

今を生きる将棋界。タイトル保持者がまた変わる前に更新しちゃおう。

 

 

④リスト

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202128j:plain

渡辺明九段(現棋王、王将、棋聖)※永世竜王永世棋王

【'19順位戦】A級 【タイトル獲得】23期(登場31回) 将棋連盟プロフィール

現在、将棋界の頂点と言ってもいいでしょう。同世代の棋士がタイトルを獲れなかったので世代交代感は出せなかったものの、羽生世代に囲まれて永世位2つはとんでもない快挙です(唯一の永世竜王永世棋王も他に羽生さんのみ)。僕は2008年の竜王戦を見て、大人なのに少年のような気持ちで将棋を始めました。

渡辺さんは何事にも自分ルールが決まってる感じで、とにかく決断がいいです。結婚も19歳。他人に媚びないから解説も面白いし、元祖ブロガーとして人気が出たのもうなずけます。そんな歯切れの良さを金特「終盤力」(終盤に行くほど能力アップ)、驚異の切れ味(変化球の切れがいい)で表現しました。

虫が大の苦手で、だから冬に強いと噂。竜王棋王も冬なのでなかなか信憑性がありますね。奥さんが『将棋の渡辺くん』という漫画を出されていますのでよかったら。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202144j:plain

村山慈明七段

【'19順位戦】B級2組 【タイトル獲得】0期(登場0回) 将棋連盟プロフィール

本名はやすあきですが、覚えづらいのでみんなジメイと呼んでいます。

さて、第3回では「終盤は村山に聞け」と「終盤は藤井が聞け」の二種類を紹介しました。で、こちらの村山さんは「序盤は村山に聞け」と言われています。村山さんも藤井さんも2人ずついるのでえらく紛らわしいですね。テスト対策としては、全部村山に聞けと覚えといてください。

全般的に優れていてベスト4くらいまではいくのに、なぜか勝ちきれない…。強い人というイメージはみんな持ってるので、一花咲かせてほしいところです。

利発すぎてプライドが高そうな外見から、意外なほどやわらかい人当たりの持ち主。聞き手の女流棋士に喋らせるのもうまいし、ひふみんのマシンガントークすら苦も無く受け止めます。あとニコ生で僕の質問メール読んでくれた。好き。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202158j:plain

糸谷哲郎八段

【'19順位戦】A級 【タイトル獲得】1期(登場3回) 将棋連盟プロフィール

 ふわふわボディに似合わず、とにかく早指しのダニー。相手が手を出すと同時に手を出す。カルタかと思うくらい早いです。彗星のごとく現れてパッと竜王をとって、パッと返却されました。その名の通り哲学を専攻しているらしいんですが、こんなにせっかちで思惟ってできるのかと不安になってしまいます。

スイーツが好き。香川愛生女流と仲がいい。あれ、意外に知らない!

怪物と言われてたから怪物球威(球が重く飛ばない)。早めに切り上げましょう。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202209j:plain

f:id:nemuhiko:20190810202233j:plain

中村太地七段

【'19順位戦】B級2組 【タイトル獲得】1期(登場4回) 将棋連盟プロフィール

将棋番組の司会、ニュースキャスターとタレント性の高い活躍をしているので、二刀流にしてみました。際立った特徴があるというよりは、総合的なバランスの高さと、勝負所で怯まない精神力が強みだと思います。

第1回電王戦ではコンピューターの代わりに駒を動かす役を務め、師匠の米長邦雄さんと対峙しました。「兄貴は頭が悪いから東大に行った」とうそぶき、将棋連盟会長の公式写真をダブルピースにした米長さんと、エリートコースを歩む弟子の対比は何とも言えないものがありました。こちらのPVを見てもらえればわかる通り、いろいろと主人公属性のある方です。金特「勝利の星」(登板時勝ちやすい)しかありませんね。

眉毛がキリッとしてるので、たまにミスター・ビーン呼ばわりする変なコメントがありますが、学生のころすでに呼ばれていたらしく残念ながらノーダメです。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202257j:plain

佐藤天彦九段

【'19順位戦】A級 【タイトル獲得】3期(登場6回) 将棋連盟プロフィール

前名人のアマヒコさん。この方の登場時、棋士のキャラの奥深さを再認識しました。

髪型はアシンメトリー、私服はマント、投了する前にはリップを引いて「ン負けました」。貴族の名を欲しいままにする稀代のキャラモンスターです。将棋なので王様を守りたい気持ちはわかりますが、まさか自分が王族みたいな生活をするとは。好きなブランドはアン・ドゥムルメステールとのこと。もし冴えないおじさんがこのブランド名を知っていたら、間違いなく将棋ファンです。

攻めと受け、両面に長けた華麗なさしまわしは変幻自在(緩急をつけたピッチングが可能)。意外と格下に負ける面もあるので軽い球をつけました。扇子を鳴らしすぎてパチ彦と呼ばれたことがあります。食べるとモグ彦。彦がまずキャラ強いよね。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202308j:plain

菅井竜也七段

【'19順位戦】B級1組 【タイトル獲得】1期(登場2回) 将棋連盟プロフィール

若手振り飛車党の雄。腰が低く、地元・岡山に地域貢献する絵に描いたような好青年です。一方、将棋の常識を壊しつづける革命家としての一面も。ある程度将棋を知ってから棋譜を並べると、斬新すぎてサラダの前にライス出された気分になれます。

そして、先日ついに一線を超えてしまいました。本来飛び越えられない駒を飛び越えて、角をワープさせてしまったのです!(もちろん反則)  疲れ切った深夜の悲劇とはいえ、真面目なキャラクターからすると結構なサプライズでした。

プロとしては黒歴史かもしれませんが、こういうニュースを見ると親近感が湧くんですよね。特に関西の棋士はあまり情報がないですし(ニコ生もアベマもNHKも東京だし)。振り飛車=左利きの勝手なイメージから、金特「左キラーにしました。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202319j:plain

斎藤慎太郎七段(現王座)

【'19順位戦】B級1組 【タイトル獲得】1期(登場2回) 将棋連盟プロフィール

僕が女性だったら超推していると思う。カリスマ書店員のような塩系眼鏡イケメン、おっとり関西弁、とどめに御曹司。カロン食レポで「この物体は…」と言ってしまう不器用さ。ついでにタイトルホルダー。

そして、畠山鎮師匠との師弟愛がまたいいんです。師匠は「僕をはるかに超えてほしい」といいつつ、根性で弟子のいる上のランクに返り咲く。弟子は堂々とそれを迎え撃つ。"鬼の棲家"と言われるB級1組での師弟対決なんてめったに見られるものではありません。

詰将棋の名手として知られ、好きを通り越して愛していると公言する直線番長。165キロの剛速球で表現しました。序中盤はまだまだ粗削りと見られ、さらなる飛躍を感じさせる棋士の一人です。

 

 

f:id:nemuhiko:20190810202333j:plain

千田翔太七段

【'19順位戦】B級1組 【タイトル獲得】0期(登場1回) 将棋連盟プロフィール

ラストはザ・新世代の異色棋士。コンピューター研究を重要視し、人間の棋譜は並べない、これまでの人間の勉強法を怠慢とまで言い放ちました。それでいて本人も順調に強くなるものだから、昔ながらのアナログ派はぐぬぬ状態に。

この、コンピューター側を好意的に見るプロがいるというのは、将棋ソフト・人間双方の発展にとってかなり重要なことだったと思います。下手すると、将棋ファンから開発者に対して「どうせ自分じゃ指せないんだろ」等の罵声を浴びせて議論が終わりになりかねないので。プロ自身が強くなって有用性を示すのはなにより抑止力がある。

ただ、千田さんの発信力は諸刃の刃というか…どうも敵視されることが多いんですね。裏を取る前に口にしたり、いろいろアブナイ。もうちょっといい伝え方はないかと、お節介ながら憂慮しています。

金特は「精密機械」(低めのコントロールが抜群)。



 

さあ、これでついに選手紹介は終了です!

回を重ねるごとにみるみる読者の方の心が離れていくのが分かりましたが、なんとか、ひと通り紹介することができました。

 

これ、僕にとっては念願だったんですよ。

なにしろNintendo64からパワプロを買っていて、新作が出るたびに再現選手を作ってきました。動物チーム、世界の国々、俳優、アーティスト、アイドリング(数がちょうどいい)、龍が如くAV女優。自己満足のためだけに積み上げたノウハウを活かせるなんて!まさに振り飛車でいうと左桂馬が成り込んだみたいな気分です。

 

昔、ケンコバさんがアメトーク女子プロレス大好き芸人で、「人前でチャパリータASARIの話していいの!?」とテンションあがってましたが、まさにそれなんですよ。ブログやった甲斐がありました。

 

 

オーダーまとめ

打者

f:id:nemuhiko:20190817235955j:plain
再現パワプロは選手揃えてオーダー動かしてる時が至福。

 

投手

f:id:nemuhiko:20190818000035j:plain

投手もワクワク。先発から先発へ、無駄に継投しちゃう。

 

首脳陣 

f:id:nemuhiko:20190818000102j:plain

監督はひふみん(≒長嶋茂雄)。サイン出すときかわいいだろうな。
 

 

最後に、個人的な思いをちょっとだけ。

最近の将棋界にはいろいろな問題がありました。特に2017年、三浦弘行九段に降りかかったソフト不正使用(冤罪)事件。あれは酷すぎた。棋士を守るべき団体、そして棋士仲間が、ひとりの棋士を確かな根拠なく告発するなんて、二度とあって欲しくありません。

当人同士が謝罪&和解したとはいえ、不透明な部分が多く、僕も一ファンとして関与した棋士に対して思うところはあります。

 

が、今回の記事ではそういったマイナスの要素を省いて、純粋に棋士としての魅力をまとめました。三浦さんはA級で、以前と変わらない活躍をされていますしね。恨み言をいうのではなく、今後三浦先生にピンチが訪れた時は率先してサポートしたい次第です。

 

と、こんなこと書いてたら思い出した。

 

 

ハッシー忘れた!

 

 

あんなキャラ濃いのに、ごめんなさい!いつかつくります!

 

おわり。