眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

出会い系の女と3ヶ月一緒に棲んだ話(サヨナラ編)

Zとは「恋人」という感じではなかったけど、なんとなくお互いの友達を紹介し合ったりはした。なぜ地元も大学も違う2人が知り合ったのか、深く突っ込まれたら答えに困ってしまっただろう。僕とZの共通点は、嘘が苦手(つこうとはするけど)というところに尽きる。だからこそ妙な信頼を感じて、すぐに同棲するなんて芸当ができたのだ。

それでも、別れは突然訪れる。

 

 

f:id:nemuhiko:20190915024739j:plain

ダイエット

もともと口寂しいからお菓子を食べた、タバコを吸ったみたいな感じで一緒にいた2人だったので、縁の切れ目はいたるところにあったのだ。

きっかけはZがはじめたダイエットだった。僕からしたら、この生活を続けるうえで夕食のボリュームがなくなるのは死活問題だ。ただ、向こうはそんなこと知ったこっちゃないので、思春期女子特有の極端すぎるダイエットに打って出た。たしかマイクロダイエットだったか…毎夜毎夜シェイカーになにやら調合して、ピンク色に仕上がった液体を胃に流し込む生活をはじめた。なにも夜までそんな実験みたいなことせんでも。

いや、やるにしてもちょっとずつ減らせちょっとずつ!筋トレして代謝をあげ、有酸素運動を取り入れ、リバウンドがこないよう少しずつ食事量を減らすんだ。なぜそれができない。お前理系だろ! 

このままじゃ死ぬ。僕は別れを決意した。Zの家から大塚駅までの道のりにある角海老宝石ボクシングジム(当時はあの坂本博之が所属していた)を横目に、「俺いまなら減量要らないよなあ」なんて思ったりもした。

 

f:id:nemuhiko:20190915024810j:plain

別れ(交渉)

Zは思惑通り痩せなかった。別れを切り出したのは皮肉にもマクドナルドだ。僕は悲壮感を演出することもなく、日常の延長線上で「そろそろ帰るよ」と告げる。Zはそれをあたりまえのように受け入れ、軽々とポテトを平らげた。

ところが、荷物を受け取るために彼女の部屋へ寄ってから異変があった。
「私、ネムヒコ君いなくなったら死んじゃうかも~」
と、突然の重さを漂わせたのだ。語尾こそ「かも~⤴」という感じではあったものの、それまでメンヘラ発言は一切なかったので面食らった。地方から出てきて初めて一緒にテトラポットに上ったボーイフレンドだから、それなりに思い入れはあったのだろう。

しかし僕は「まあ絶縁するわけじゃないし」と別れを決行した。友達は多いヤツだし、ひとりきりになってふさぎ込むこともないだろう。なにより背に腹は代えられない。ご飯が、食べたい。

ただ、心残りもひとつあった。愛用の緑のシャカシャカパンツだ。夏は涼しく冬は暖かく。それはそれは奇跡のような素材で、すっかり愛着がわいてしまっていたのだ。空気を読まずに聞いてみる。

「これ、もらっていい?」

 

Zは答える。

 

「五千円。」


た、高~。3ヶ月しこたまはきこんだら、ブックオフだってそんな値はつかないよお姉ちゃん。当然、そんな値段は払えないので、僕は泣く泣く部屋をあとにした。
こいつは死なねえな、と少し安心しながら。


 

衝撃のラスト

冷蔵庫には食料。タバコの吸える部屋。僕は実家のありがたみを感じながら、日々の平穏と体重を取り戻していった。

絶縁するわけじゃない、とは言ったものの、さすがにもう会うことはないと思っていた。あるとすれば向こうがよっぽど寂しくなった時だけれど、まあ知り合ったのが出会い系だし、人恋しければまたそっちを使うだろう。

…が、そんな読みは1か月後にはかなくも砕け散る。

 

f:id:nemuhiko:20190915024825j:plain

大学の教室に入ったら、Zが何食わぬ顔して座っていたのだ。
僕の友達と仲良さそうに並んで座って。

いつの間にメールを交換して進展させていたのか? その時の心境は、言いようがないほどホラーで、あの日のシャワールームに匹敵するほどポワゾンだった。

ネムヒコ君がいなくなったら、
ネムヒコ君がいなくなったら、
ネムヒコ君が…

リフレインする言葉たち。ああ、男はなんと独りよがりで、女はなんとしたたかなのか。
帰り際、「生きてんじゃねえか!」と頭でもはたこうとおもったがやめておいた。あと、それ以降その授業に出るのもやめることにした。


こうして、僕は友達のひとりと貴重な単位4を失った。なにも 友達と縁を切る必要ないと思うかもしれない。でも、さすがに気まずかったのだ。あいつのことだから僕との生活も明け透けに話すだろうし、メールで友達との性の相談をめちゃくちゃしてくるから。

 

***

いま思えば、あの3か月の生活で得たものは意外に多かったと思う。知らない地方の、珍しい性格の人と過ごして、女性のたくましさを感じることができたのだから。変な出会いも馬鹿にはならないものだ。

まあ、わかりやすく「出会い系」と書いたとはいえ、2019年現在のものと比べればずいぶん自然な出会いだった。当時は同じようなやり方(チャットルーム)でバンド仲間、将棋仲間、草野球チーム等々いろんな人と出会ったし、それの男女版というくらいの認識。いまで言うと、ツイッターでDMを送るくらいの感覚くらいかもしれない。そういう意味では気楽な時代だったな。

風のうわさで、Zはメジャーな化学メーカーに就職したと聞いた。いまごろ、あなたのシャカシャカパンツでも開発しているかもしれない。