眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

彼女を嫁にした理由

f:id:nemuhiko:20191008224039j:image

彼女という存在に可愛さを強く求めるとしたら、結婚は信用、いやもうちょっとアバウトに、
「こいつ‥‥できる」
と一目置く感じが大事な気がします。

なので、僕が嫁からそう感じたところをつらつらと書いていきます。男心が分かる!とまではいかないまでも、シャイな人が多い日本男児のレアデータだと思いますので、ぜひのぞいてみてください。

<嫁には言わない秘密のリスト>

 

 

〇〇の話についてきた

初めて会ったのは飲み会でした。僕がふと野球が好きだという話をしたとき、嫁から「あっ、昨日あれ見たよ、巨人の後藤の自打球」という話をされたんですね。

嫁は野球をそれほど知りません。僕もべつに野球は分からなくていいし、家でテレビ中継を見たりはしないんですが、どんなに興味のないものにも楽しさを見つけられる人はいいですよね。

フォームの面白さだとか。スタジアムの美しさとか。


ありがちなんだけど、「○○全然興味ないんだよね」で会話をぶった切るのは切ない。だったら「そんなことよりハワイの話しようぜ!」のが数倍嬉しいです。話って一方的にするものじゃないから、よくわからないと思っても何か寄り道を探すか、違う道を見つけられる人がいいです。

 

f:id:nemuhiko:20191009201845j:image

言葉に〇〇をつける

嫁は言葉に「お」をつけます。おそば(おうどんは言わない)、お豆腐、お仕事、お手紙。下町生まれ、それもわりとチャキチャキした地域出身なので最初は意外でしたが、だいぶ丁寧な話し方をします。その分眠たいけどね。

なら、巨人の後藤はなぜ呼び捨てなのかって言う問題は置いといて。

※参考

 

f:id:nemuhiko:20191008230825j:image

初デートで〇〇した

これはほとんど共感を得られないはず。
初デートで僕が車で送って行った後、
「送ってくれてありがとう」
といいながら、ガン!ガードレールにドアをぶつけたんですよね。

僕はものを傷つけられて怒るタイプじゃないから、何だこいつ意外に破天荒だぞ!と興味を持ちました。嫁はといえば「キャーッ」などと声を張るでもなく茫然自失で立ち尽くしていました。驚くとフリーズするタイプです。

今、この時の話をするととぼけるんだけど。

 

〇〇を許してくれた

まあ、なんといっても僕のニート期間を許してくれたことでしょうね。デートであんまり派手なところは行けなかったし、むしろ嫁に金借りて旅行いったりもしたのに、一度も「働いたら?」とか言わなかったですからね。大事な20代後半をこんなヤツと過ごしてくれたのはありがたい。

保育士の資格ももってるし、僕と違って壁のない人です。嫁の職場には年下の外国人がいたりするんだけど、「スマイリングガール」みたいなあだ名で呼ばれてるそう。

 

f:id:nemuhiko:20191008230650j:plain

とどめの一言

で、30を超えて僕が働き出し、結婚を意識するわけですが、一緒に住むのはどうか?と切り出したときの切り返しが

「えっ!まだ早い。実家で楽したい」
でしたからね。
逆にこの人しかいないと思いましたよね。

 


僕は塾で全然学力が伸びなくて、独学の方が伸びたタイプなので、刺激して成長し合える関係とかじゃなくて、成長に干渉しない、いや成長ってむしろ何?みたいな関係が合っていたんでしょう。向こうは向こうで楽しい人がいいというから、ニートでも歌って踊っている僕が良かったのかもですね。

というわけで、僕が全然シャイじゃなかったためになんの参考にもならなかったかと思いますが、休日の過ごし方が合う人とかでいいんじゃないですか。

もちろん、うちは2人とも完全休業状態でゴロゴロしています。

 

www.youtube.com


昨日、テレビでアルフィーが名曲『メリーアン』を歌っていたのを見て、インスパイアされた僕がギターを抱えて立ち上がり

「メリーさん、メリーさん、メリーさーんのひつーじー♪」
と替え歌を歌っていたら、すっと隣に寄り添う人影があり、嫁見沢俊彦が高音パートで参加してくれました。

ちょっとくらい性格が合わなくてもいいんですよ。夫婦って似ますから。

よーつゆーにー濡れるーヤーギーを避けて~♪…

(日々はつづく)