眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

ネット広告が繋ぐ恋

f:id:nemuhiko:20191028013238j:plain

僕はその昔、ある企業で広告担当をやってたことがありまして。8割くらいはリスティングやらのネット媒体。まあ煩雑な作業でしたね。いろいろ研究してもグーグル先輩の機嫌でひっくり返るし…で、だんだん面倒になって、代理店に任せることにしたわけです。委託先は新進気鋭のベンチャーでした。

 

先方の担当は20代前半の女の子。名前をリス子ちゃんとしましょうか。見るからに活発で人懐っこく、誰からも好かれそうに見えました。聞けば前職はアパレル関係の仕事だったとのこと。まだスーツが身体に馴染んでいないの見ていて初々しかったです。

リス子ちゃんは頭の回転はすごく良かったのですが、細かいチェック作業とかか苦手なようでした。そして、取引早々にやらかしまうこととなります。

 

 

具体的には、広告リンク先の間違いですね。うちの広告から別の会社のページに飛ばすよう設定してしまったと。
運が悪かったのは、間違えた先のページがちょっと生々しい絵面だったこと。イメージとしては、チョコレートの広告をクリックしたら垢すりエステにつながったみたいな感じです。

僕も担当として、さすがに看過するわけにはいきません。自分の会社にリス子ちゃんを呼び出し、ほかの社員の面前で注意しなければいけない状態でした。ミーティングルームがあるような会社ではなかったので、衆人環視といった感じで、少し残酷でしたね。


f:id:nemuhiko:20191028013320j:plain

そして、僕は基本的に怒るのが苦手です。明らかに舐めた態度を取られたなら別ですが、ちゃんとやろうとした人を叱りつけるのは気が引けて、「次やんなきゃいいよ」と思ってしまう。

ところがその様子を見ているうちの同僚は、僕を睨みつけます。
「何やってんだ、もっと怒れ💢」と。
いやあ、そりゃそうなんですけどね…。

仕方がないので、役者になったつもりで声を張ってみました。それでも、ぜいぜい10分くらいだったんじゃないかな。
※たまに4時間とか怒れる人いるけど、ある種天才ですよね。「反省してんのか」「はい」「言い訳すんな」「すみません」「謝るくらいならやんな」「はい」「反省してんのか」「はい」「じゃあなんでやったんだ」「言い訳はできません」「うるせえ早くいえよ」みたいなやつ。

ただ、なんのフォローもないのは気が引けたので、少し工夫しました。途中で離席して、持ち帰らせる資料の中にメモを入れておいたんです。そこには、
「全力でやっているのは分かっています」
的なフォローをしたためて。

こういうとこ、僕はすごくいやらしいんですよ。

ただ、それに対するリス子ちゃんのレスポンスは特にありませんでした。

その後も、説教会は2回3回と続きました。
初の取引だったこともあって、うちの上層部もなかなか折れなかったんですね。広告費実費を返してもらうだけではなく、瑕疵がある状態の納品で初期費用を支払う必要があるのかとか、利用規約がどうだとか、事態はどんどんややこしいことに。間違って出してた期間は大したことがないし、ただただ面子だけの話です。

 

その何回目かで、リス子ちゃんが上司を連れてきました。まだ20代後半で、ホリエさんやオチアイさんやミノワさんになりたいです!みたいな野心的な顔をした、若干自己アピールが過ぎるけど、確かにできるヤツでした。彼を仮にリス男くんと呼びましょう。

リス男くんの快活さはマンネリした議場に場に変革をもたらしました。とにかくハキハキ喋り、しっかり謝る。譲れないところは毅然とした態度で断る。それを見たうちの社長は「気持ちの良い若者だね!」と心動かされていきます。

そして、心動かされたのはうちの社長だけじゃありませんでした。

.

.

.

数ヶ月後、見違えたように仕事ができるようになったリス子ちゃんは、やや頬を赤らめてこう言いました。

「実は今、リス男先輩一緒に住んでいて‥‥」

んまあ!

さらには、

「マンツーマンでレッスンを受けていて‥‥」

あらやだ!

僕は「弊社のミスをきっかけに同棲しとるんかーい🙅‍♂️」とフライングクロスチョップしたい気持ちをぐっと抑え、若者たちの出会いを祝福しました。いやー、いわゆるひとつのインプリンティングですね。あれだけ綺麗にミスをカバーしてもらったら、惚れるのも無理はないでしょう。

.

.

.

さらに数ヶ月後。

今度はリス男くんから衝撃の事実を聞かされます。

「僕たち、結婚することになりました。つきましては実家に帰って米農家を継ごうかと」

うーん。

それはいきなり行き過ぎだわ、と僕は正直、複な気分になりました。せっかく苦労して船出を乗り越えたのに、こんなに早く去られるとは。巨人の岡本が2年目でトレード志願してきたというか、なんというか。

そんなこんなで、リス夫妻とは思いがけず短い付き合いになってしまったのです。

 

f:id:nemuhiko:20191028014713j:plain

次の担当(30くらいの男)がまあポンコツでしたね。
公衆の面前で「ネムヒコさんは熟女って好きっすか?」とか聞いてくるし、なかなか痛いヤツでした。おかげでうちの業績は右肩下がり。まもなく取引を解消することになりました。

 

僕は夜毎傾きゆくグラフを見ながら、群馬の土を耕すリス子とリス男のことを思い出しました。

心を慰めてくれたのは、あの2人から届いた1通のメールです。

 

ネムヒコさん、お元気ですか。うちの新担当はうまくやっていますか。僕たちは思考錯誤しながら、新生活を続けています。リス子は、出会いのきっかけになった時期にいただいたネムヒコさんのメモを、いまでも写真立てに入れて飾っているんですよ」

 

飾るな飾るな!

僕は群馬に向けて、苦笑いで突っ込みました。まあ、広告担当をしていて、1番嬉しかったコンバージョンには違いありませんが。