眠ノ記

寝言と黒歴史を丁寧に磨いてお出しします

東京人はなぜツッコミをしないのか

f:id:nemuhiko:20191102185744j:plain

僕は東京生まれ東京育ち、八王子の人はだいたい友達だが、これまでに入った3つの会社はすべて関西本社だった(京都、大阪、大阪)。だから東京人のわりには、関西人と触れる機会が比較的多かったように思う。

そこで、標題のテーマである。

「今のはつっこむとこやで〜」

みたいな指摘を、関西人からとにかくよく受ける。
僕もお笑いが好きだし、彼彼女らが何を欲しているのかはよく分かっている。

でも、できない。
どうしてもできない。
頭で分かっても、細胞レベルで身体が反応しない。

 

そこで今回は、なぜ僕ら東京人がツッコミを怠るのか、あらためて考えてみた。気になる関西人は東京人の一例としてぜひみてほしい。

 


※本記事の関西人=大阪・京都の二府と定義する
※僕は東京しか知らないのであえて「関東人」とはしない

 

f:id:nemuhiko:20191102190944j:plain

キーワードは「ナゾの鳥」

まずベタなやりとりを思い浮かべてみよう。 
僕が初夏に、大阪本社で社長としゃべったとする。

ネムヒコくん、もう東京もだいぶ暑いんか?」
「ヤバイっすよ。東京支社はもうみんなバテてます」
「そうかー、でも今くらいでへばってたら8月には溶けてなくなるやろ」

まあ、さりげない小ボケである。
関西人からしたらこんなもの数のうちには入らない。

この場合、東京人はだいたい気づかないか、愛想笑いで受け流す。
そして、

‥‥‥‥🐥

とナゾの鳥が部屋を通ることになる。

 

この鳥を捕まえたいのが関西人で、早く逃げろよと祈るのが東京人だ。小ボケを投げつけたいのが関西の罪、それを打ち返さないのが東京の罪である。
しかしなぜこんなことが起こるのか。

東京人は笑いに興味がないんだろうか?

 

東京にもボケとツッコミはある

いやいや、東京人だって人を笑わせるのは好きだ。

商店街で団子屋のおばちゃんが
「はい。じゃ500万円ね」
と実にこなれたボケを投げてくることもある。

もちろんこれに対する受け手の反応は、対関西人のそれと同じ。
2人でちょっとした微笑みを浮かべて、

‥‥‥🐥

と商店街をナゾの鳥が通って終わりだ。

(関西人なら、きっと「いやいやおばちゃん、ジンバブエちゃうねんから!インフレしすぎやで」くらい誰もが朝飯前に違いない)

 

では、東京にツッコミはないのかというと、実はそんなこともない。
カギとなるのはボケの「質」。
東京人でも自然にツッコミやすいボケというものがある。

 

f:id:nemuhiko:20191102185644j:image

東京人がツッコミを入れやすいボケ

実体験をあげよう。
ある日、若かりし頃のころの僕との嫁が、夏祭に行ったときのことだ。

チョコバナナの屋台の横を通ると、ねじりハチマキの兄ちゃんがこう言った。

「お姉ちゃん一本買ってってよ。あ、でももう一本持ってるのか、彼氏の股間に」
すさまじい直球である。残念ながら下町にコンプライアンスなどない。
それにする僕の回答は、

「やめてくださいよ、こんなに黒くないっすよ!」
みたいな感じだった。一応ツッコミの類に入るだろう。

 

これは、感覚的に東京人でも言い返しやすい例だ。
やめてくださいよ、というのがミソ。
「放っておくと自分の不名誉、人様の迷惑になるから止めたい」
こういうニュアンスでなら、東京人でもスムーズにツッコミができる。

ツービートにおける、ビートきよしさんの「よしなさい!」が代表的だ。
その系譜を継いでいるのが爆笑問題の田中さんで、もうちょっと優しくたしなめるのがナイツの土屋さんで、ほぼ流しているのがおぎやはぎの矢作さん、という感じ。

つまり冒頭に挙げた社長とのやり取りでも、
「なんやったら氷20kgくらい送ったろか?」
と言ってくれたら、
「要らないっすよ!」とスムーズに返せるワケだ。普通に迷惑だから。

東京人が苦手なボケ 

逆に、あまりにも突拍子もないボケや、褒めてくるボケは、特に否定する必要がないから苦手ということになる。

たとえば、
「おっ、東京支社のブラッドピットが歩いてきたで」
こういうやつは、どうしても反応が悪い。

頭の中で「ブラッドピット?なんで俺が?好きって言ったっけ。髪型も似てないし。あっ、これはもしかしてボ‥‥」などとコンマ数秒の連想ゲームをしている間に、
「誰がブラッドピットやねん」
というごくシンプルなツッコミを逃してしまう。

これがブラピでなく小栗旬さんだったら、リアルに謙遜したい気持ちから
「やめてくださいよ」が出るかもしれない。

ノンスタイル井上さんでも、
「そんな調子乗ってないっすよ」が出やすい。

ボケ次第で東京人のツッコミは、出たり出なかったりするわけだ。繊細なの。

 

f:id:nemuhiko:20191102193305j:plain

関西人の笑いは音楽、東京は絵画

関西人はボクシングの亀田三兄弟のように、笑いに関するソリッドなミット打ちを幼少期から繰り返している。そのため、さまざまな角度のボケを身体の反応でリズミカルに返すことができるし、笑いがスムーズに終わらないと気持ちが悪い。

音楽で言えば、曲の終わりにバンドがみんなで飛んでジャーンと合わせるやつ。
あれがツッコミである。実に爽快な終わった感。
な、ん、で、や、、、、ねーん!である。

 
一方、東京人のノリの良さは、どちらかといえばリズミカルなやりとりより、
設定に乗って徐々に盛りあがるほうに活きる。
漫才よりコントの名手が多いのもそのせいだ。

「今日はどうしたんですか福山雅治さん」と言われたら、
「いや、どこらへんが!?」より、
「あんちゅわぁん」と言いたくなる気持ちの方が強い。ただ、それでケラケラと笑いあったとしても、結局はツッコミが不在なので終わりは締まらない。

なんとなく絵筆が進む方向に進み、適当に色を混ぜて、ぼんやりと終わる。その組み立ては絵画に近い。関西人的には、いつ終わったかようわからんわ!という感じだろう。

 

…とはいえ、訓練を受けていないのだから仕方がない。

東京の大学生なんてひどいもので、酒の力を借りて、普通のことを大きな声で言って、語尾にウェーイとつけているだけだ。途中が盛り上がっている風ならいいという、つまらないバラエティ番組みたいな考え方。鈴木奈々菊地亜美みたいな女がいれば、「楽しかった会」と扱われる。
…大マジメに、東京の教育課程に漫才を入れてみるのもいいかもしれない。


***
ということで、今回の記事にも大したオチはない。
東京人にツッコミをさせるのは、「関西人側が工夫してボケる」か、「教育改革」が要るのがくらい大変だということだ。

 

さあ、みんなで変えていこう。
あなたの明日に良い笑いが生まれますように。