眠ノ記

真面目にふざける雑記ブログ。黒歴史や趣味の話とか。

歩きスマホやめて(1ヶ月ぶり236回目のお願い)

f:id:nemuhiko:20191007143342j:image

さんざん言われていることですが、あらためて歩きスマホの話題を。

これだけ注意喚起されてますし、みんな間違いなく悪いと分かっていてやっているわけですよね。

そして、世代のせいにするつもりもありません。
学生からお年寄りまで等しくやっていることですから。

はっきり、スマホへの求心力が社会のルールを超えたということでしょう。

 

 

日本人でこれってよっぽどのことですよ。
駅のホームではちゃんと列に並んで、電車が来たら出入り口を開ける。車内では電話をしない、大声は出さない。もちろん例外はあるにしろ、この辺までは最低限、社会のコンセンサスがとれていた。その時点で世界有数のマナーと言われます。

良くも悪くも「マナーを破ると白い目で見られる恐怖」という抑止力がある国。
それが、完全に崩れたわけですからね。
俺もやってるしな…と後ろめたさを感じる人が多数派になったのか。なんなのか知りませんが。

大人が子供に何を迷惑だと教えられるのか。説得力もあったもんじゃない。

 

f:id:nemuhiko:20191125210140j:plain

さて、歩いてまで何をしようとするのか。
この際、だだっ広い田舎道なんかは除きましょう。都会の駅や繁華街、商業施設など、譲り合わないとえらいことになる空間を想像しておいてください。

 

スマホをいじる目的について、いろんなアンケートを見てみると、

「メール」>「SNS」>「乗換・地図アプリ」>「映画・動画・ゲーム」

という順が大勢のようです。

 

いじる理由NO.1は、

どうしてもその時必要だから。

だってよ。さっぱり理解できませんね。

 

メールやSNSなんて落ち着いて文字を打ったほうがどう考えたって早くて正確でしょう。そんなの誰だって分かる。ではなぜ。

スキマ時間が惜しいのか。1秒でも早くリプライしないとハブられるのか、金融商品でも売り買いしているのか。

‥‥いずれにしても理由にはなりません。

どうでもいいことを、さも必要なことのように錯覚しているだけ。時間も、友達も、お金も、ながらで適当に扱うものじゃない。それが分からないのはただのアホですね。

そう、アホなんです。

冒頭でスマホの求心力という表現をしましたが、なんのことはない。もともと周りに気を使えずに改札や出口を塞ぐようなアホが、スマホによって明確にあぶり出されただけなんです。やるやつはみんなそういう顔してますから、ぜひ観察してみてください。

 

f:id:nemuhiko:20191125212126j:plain

ただ、歩きスマホのアホには2種類います。
上で述べた通り、自分は必要なことをしていると思い込む真性のアホと、
ただ歩くのって暇だから耐えられない!という依存症のアホ

どちらかというと、後者のほうがまだ救いがあるように思います。僕だってトイレに行くとき、「こりゃあ長い戦いになるぞ」と思えばスマホ持ってったりもしますし。少なくとも、退屈を消したい、気を紛らわしたいという気持ちは理解できる。

 

この2つのアホは、ただ歩いてるだけなら同じ熱量の害悪です。違うのは、トラブルが起きたとき。

 

整理しましょう。
真性のアホ同士が出会えば必然的に事件が起こる。これはもう、どうでもいい。
依存症のアホ同士は、互いに興味がないから、ぶつかっても、ぶつからない。
問題は、真性×依存症のパターンですね。これが厄介。よくニュースなんかでみる、当たり屋がJKをホームに突き落とすとかいうアレです。依存症サイドにも非はあるとはいえ、できたら防ぎたい。

理由はうまくいえないけど、依存症はそう悪いヤツじゃないような気がするんですよ。
狂人とゾンビの違いというか。

 

なら、取り締まり方は?

と言われると。

…分からん。

願うしかない。だからタイトルを「お願い」としているわけですけれど。

 

f:id:nemuhiko:20191125213611j:plain

歩きスマホの迷惑のかけ方は絶妙なんですよね。すぐに実害はなくて、ただ人とペースが違うだけ。せいぜい足を踏むくらいか。この辺の材料だけを取り上げて下手に糾弾すると、お年寄りや障害者を傷つけてしまいかねない。

自分が与えうる危険性をすべて周りに委ねる。そういう点では、歩きタバコとまったく一緒なんですけどね。

火じゃなくても、カバンの角や傘、膝でも何でも、そこに無関心が伴えば、子供やペットの目をえぐる凶器になりうるわけで。

 

対する我々の防護策も難しい。
「こっちは避ける義理はない!」としてしまうと当たり屋だし、
「ゲームを一律で禁止にしろ!」も馬鹿げているし、
「即、罰金だ!」となると外国人観光客の対応なんかが大変そうだし、
「一定時間でアプリが落ちる」とかはクレーマーが飛びつきそうだし…。

現状、無敵な状態です。

 

まあ、理屈でどういけないと諭すよりも、心底ダサいことだとブランディングしないとダメなのかもしれない。それか、街で人を避けるとレベルが上がるみたいなアプリつくるか。忍者みたいに街を走り回るオタクが生まれてうざったいかなー。

ということで、今回は純粋な愚痴でした。

深夜の山手通りとか走ってるとすごいよ。マジでバイオハザードソウルハッカーズ