眠ノ記

ーネムノキー

将棋有段までのデスロード

f:id:nemuhiko:20191213005740j:plain

30歳手前という謎タイミングで将棋を始めてから、有段者へ。苦労を重ねた成長記録を語ります。日頃ろくに頭を使っていない大人が将棋を始めるとどんな障壁があるか、将棋を始めたい方の参考になれば。

 

 

〇準備運動は絶好調

何度も書いたので端折りますが、将棋に目覚めたきっかけは2008年竜王戦の羽生ー渡辺戦です。
「あ、これ自分でもやりたいな」と。

子供のころルールだけ覚えたけど不動産屋のおじさんにボコられてやめて以来、心の扉を開けたのです。

思い立った次の日に本屋にいって、『羽生善治の将棋入門』みたいな本を買いました。あと、隣にあった『杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション』も。これによって僕は振り飛車と呼ばれる戦法を覚えることになります。

杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション (NHK将棋シリーズ)

杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション (NHK将棋シリーズ)

  • 作者:杉本 昌隆
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 (ご存じの通り、杉本さんは藤井壮太七段の師匠。そして僕の師匠でもあるのです)


振り飛車は初心者でもすごく覚えやすいですし、性格的にも合っていたように思います。スムーズに実戦に移ることができました。

<メモ>振り飛車とは?
将棋には大きく分けて2種類の戦法があって、すごくざっくりいうと↓のような感じです。
居飛車…相手を押しこんでねじふせる。覚えることが多い。
振り飛車…相手の力を利用するカウンター。ひらめきで指せる。
男性棋士のプロはほとんど居飛車で、右利きと左利きくらい比率の差があります。一方、女流棋士やアマチュア振り飛車もかなり多く、半々かそれ以上。こうしたことから、論理と感覚、なんとなくそんな対比のイメージで見られがち。

 

〇いざ出陣!死ぬほど負ける

デビュー戦の舞台は「将棋倶楽部24」というところを選びました。
多くのプロやプロ予備軍が名前を隠して指し、最強と目される場所でした。いまはもっと多機能な「将棋ウォーズ」のほうが盛り上がっているみたいですね。

当然、最初は全く勝てずに10連敗くらいしました。
相手は「この人、生まれてから一度もノートとか忘れたことないんじゃないか?」ってくらい用心深く、「本業は痴漢では?」というくらい触られたくないポイントを的確に攻めてくるのです。自分以外の全員が天才に見え、自分が虫けらに感じました。

三十路手前でそんな風に打ちのめされたとき。このときほど、自分が大卒で良かったと感じたことはありません。俺だって人並みの頭を持っているはずなんだ!と言い聞かせることができましたから。

番役に立ったのは『羽生の法則』という本です。

将棋連盟文庫 羽生の法則1 歩・金銀の手筋

将棋連盟文庫 羽生の法則1 歩・金銀の手筋

 

歩とか桂馬とか、それぞれの駒のテクニック集みたいな本ですね。やっぱり基本は大事。譜面を読めずにいい曲が弾けるのは、選ばれし天才だけなのです。
僕は凡人らしく本を読み知識をつけました。そしてすべての駒の特性を覚えたころ…念願の初勝利!

相手を詰ました時は本当に快感でした。
やっちゃったよ、やっちゃったよオイ!とひとりでガッツポーズ。経験上これに近いのは、「童貞を捨てた」「新卒のとき営業で受注をとった」の2回だけじゃないかと思います。

初勝利のときには、やるからには段を目指そうと決めました。ニートでしたし、とにかく自信に飢えていたんですよね。

 

〇本読み、本に溺れる

あらためて知識を得る素晴らしさに気づいた僕は、本の虫になりました。相手よりものを知っていれば、その分恐怖感は薄れ自信につながります。
ところがそこに落とし穴。なぜか。

みなさんにも、良い映画や音楽と出会い、物語に入り込んだように颯爽と街を歩いた経験はないでしょうか?それと同じように、成功のストーリーだけを描いた本を読むと、勝手に自分が強くなった錯覚になるのです。

将棋界では「ココセ」というマニアックな用語があります(「ここに指せ」と自分に都合よく読みを入れること)。そして、そんな風にして書かれた本をココセ本と言います。自信をつけさせてもらえる分にはいいのですが、それで負けた時のショックは倍。「相手が全然、本みたいに指さねーじゃねーか!」と理不尽な怒りが湧きます。

振り飛車界では特に鈴木D介先生の本にこの傾向があるとのウワサで、一部では「自己啓発本」と呼ばれています。あくまでウワサなので覚えても忘れてもいいです。どちらにしろD介先生は愛されてるので。

鈴木大介の振り飛車のススメ (NHK将棋シリーズ)

鈴木大介の振り飛車のススメ (NHK将棋シリーズ)

  • 作者:鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

ちょうどこれを書いた日、なんとD介先生が初タイトル・麻雀最強位を獲得されたそうです!さすが、勝負師。おめでとうございます🎁

 

〇中年初心に返る

やみくもな勉強はイカン。教科書は一言一句覚えるより、背景とともに太字部分を覚えた方が効率的です。僕は戦法をひとつに絞り、その戦法が得意なプロの実戦をひたすら並べました
なぜそう指すのか。
なぜ違う手じゃダメなのか?
分かる部分は論理的に、そうでない部分は胎教のようにぼんやりと参考にします。

一方で、自分の実戦も重ねます。負けても気にせず、でもたまにマウスを投げて、痛みとともに情報を脳に刻みます。
どれくらい力を溜めたらよい攻撃か?
もっとも粘れる守り方は?
プロに学んだ情報が、身の丈に合った形にまとまっていきます。

15級から14級、13級…3級、2級、1級。
目で1000局、指でも1000局ほど経験を積んだとき。いよいよ長い階段の頂上に段が見えてきました(ややこしくてすみません)。完全情報ゲームとはいえ時の運はありますし、とても順調とはいえませんでしたが…最後は気づけば段になっていたというのが正直なところです。当時の僕はニート。それでも、段になるまで2年はかかりました。


〇あらためて、段になるには?

初段到達後もしばらく指しましたが、僕の頭では三段が限界でした(将棋倶楽部24で2000くらい)。それ以上行くと他の趣味が圧迫されそうな感覚があったのです。それくらい懐の深い世界ですね。

初段なら、気がむいた時に勉強するレベルでほとんどの人が行けるでしょう。僕なりに、シンプルにコツを伝えるとしたら、

👓3手1組の読み👓

を徹底すること。

こっちが指す⇨相手はこう指すはず⇨次はどうする?

このシンプルな読みの精度を上げること。級位者が下手に10手以上読もうとしても、思い通りになるわけがないし荒いだけ。まずは目の前を局面を確実にコントロールするのが大事です。あとはこれを最後まで続けるだけ。詰将棋も同じく、3手詰まで確実にできればOKです。
昔の自分の棋譜をソフトにかけたりすると、驚くほど普通の詰みを逃しているもので。やっぱり勢いだけで指したり、メンタルがブレてたりするんでしょう。

何事も、基本を守れる心が大事。
大人になっても負けず嫌いを燃やしたい方。身の程を知りたい方。ぜひ将棋を始めてみてください。

ただし熱を入れすぎて、将棋に魂を乗っ取られないよう気をつけて‥‥。