眠ノ記

ーネムノキー

人生最大級の痛み・尿管結石

f:id:nemuhiko:20200320171905j:plain

やってきました、待望の怪我シリーズも第三弾。

30代前半とわり最近に経験した尿管結石編です。「男の出産」と言われるほどの痛みが特徴。たしかになかなか激しかったです。

 

 

痛みに襲われたのは会社のベランダ。未知の痛みで本当に驚きました。
脇腹からペンを差し込まれてかき回されたというか、とにかく防御がきかないのです。で、死にかけのセミみたいに地面でのたうち回っているところを同僚に発見されました。急いでタクシーで病院に移動。

 

ここで、痛み以外に厄介なポイントに気づかされることに。
骨折と肺気胸が夜中の緊急外来だったのに対して、今回の尿管結石は昼間の通常外来。そう、「すぐに相手してもらえない」という難しさがあったのです。

なにしろ病院側もすぐに死ぬ病気じゃないと分かっているから、扱いがぞんざいなんです。僕は待合室の堅い椅子で、足をピーンとしながらもんどりうって、成人として明らかに常軌を逸した苦しみ方をしいたのだけれど、誰も声をかけてくることはありませんでした。検査を挟んで、かれこれ2~3時間は放置。

 

さらに怒りを増幅させられたのは、3時間後に渡された座薬を一挿ししたらぴったりと痛みが治まった点です。こんな仙豆があるなら早くくれよ!薬への信頼と医療業界への不信だけをまじまじと知らされる1日でした。
おのれT海大…!!と激しく腹タツノリでした。


f:id:nemuhiko:20200320175340j:plain

一応病気の説明をしておきましょうか。
まず痛みの原因について。僕は発症する前、「身体の中でできた石が尿道を傷つける」と思っていたんですが、どうやらそうじゃなかったようです。それならわき腹が痛いのはちょっと違いますし。

正解は、石が尿道をふさぐので腎臓が圧迫されて痛いのです。ややブラックに例えると、「狭い路地で電柱にぶつかった」のではなく、「事故車が路地をふさぐせいで玉突き事故が起こった」が正解です。それくらい違う。

あと、もうひとつの誤解があります。石はいつの日か当たーりー!と外に出てくるわけじゃありません。薬を飲んで体内で散らすのです。もちろん、ある程度小さく鳴ったやつはポロンと出ることパターンも。まあこんなの、飴を最後までなめるか噛んじゃうかくらいの些細な問題なんですけど。尿管結石のアイデンティティははじまり、つまり痛さだけなので。


気胸と同じく体質に依るところが大きい病気なので、僕はこの病気も2回やらかしました。
とはいえ、入院もしてないし、他の怪我と比べるといまいち思い出がないんですよねー。

発症前には尿の色が濃くなることが分かったので(普通の卵と良い卵くらい違う)、ある程度発症のタイミングは計れるようになりました。まあ、そんなタチが悪い予告編なんてない方がいいんですけど…。

 

f:id:nemuhiko:20200320181218j:plain

対策としては、

カリウムを控える
・とにかく水を飲む

がいいみたいです。
簡単そうに見えて生活に取り入れるのは地味に大変でした。だって、カリウムを含むバナナ・豆・ほうれん草あたりは地味に好きだし、水を意識して飲むって地味に辛いんですもの。

現代人は水を飲むとき、喉が乾きを潤すだけではなく、気分転換の意味合いが強いですからね。僕も気がつけばコーヒーばっかり飲むようになってました。でも冷静に考えて、あれ水じゃないですしね、黒いし。まともに体を循環するとは思えない。日本郵便と運び屋くらい違う気がする。

 

とはいえ世の中にはもっと大病を患っている人がいるのだから、僕も自分が石属性であることを受け入れて、やっていこうと思います。また身ごもったらがんばって第三子を産み落とすしかないのですから。

というか、名前なんとかなりませんか。尿管結石て。せめて尿管を「セイントロード」、結石は「痛みのクリスタル」とかにしてほしい。患者は「パラディン」。