眠ノ記

真面目にふざける雑記ブログ。黒歴史や趣味の話とか。

中央線の駅のイメージを勝手に語る<後編/吉祥寺~東京>

中央線後半戦です!

自分でも現時点ではうっすうすの内容になりそうだと危惧してるんですが、どうなるでしょうか。

 

 

f:id:nemuhiko:20200628034332j:plain

吉祥寺

言わずと知れた人気の街ですね。中央線上では最後の市エリアの駅です(武蔵野市。次の駅は杉並区)。ここから中野くらいまでは商店街ラッシュ。

自転車多いし、雑貨や家具は若干高いし、食べ物屋は微妙に混んでるし‥‥個人的には住みたいかと言われると疑問符がつきます。よっぽど肩ひじ張らないセンスの持ち主でない限り、外から眺めてデートにでも使ったほうが幸せな街でしょう。かくいう僕もそれなりに活用してて、若かりし日の嫁と距離を縮めたこともありました。

最近は『愛していると言ってくれ』の再放送にどっぷりハマっていて、ドラマの舞台である井の頭公園にまた行きたくなりました。トヨエツ沼。

 


このブログには珍しくせめてものお役立ち情報を添えるなら、井の頭公園ゾウのはな子をテーマにした『はな子のいる風景』はいい本だよ、と。

はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす - NADiff Online

 

そんな良い本をじっくり紹介しちゃう恵比寿の写真集食堂「めぐたま」もまたまた粋なお店だよ、と。

飯沢耕太郎 | 写真集食堂 めぐたま

 

それくらいでしょうか。
最後中央線関係ねーじゃねーか!というのはさておいて。

 

西荻窪

精神世界の街、と言われる魔境。ぱっと見は何の変哲もないのに実は食べログ無双してる店があったり、入る本屋入る本屋いちいち異世界みたいだったりして奥深です。大学の時、サブカルダメ人間の友達が数人いました。

 

f:id:nemuhiko:20200628040138j:plain

荻窪

あんまりセンスで勝負していないというか、良くも悪くも飲んで帰って眠るのが好きなおじさんが住む印象。世間的には、駅前にある春木屋さんの中華そばが有名ですね。(僕自身は一回しか行ってない。十八番とか丸長とかのが好き)。

駅近く、ビルの屋上にバッティングセンター入ってるのはファンキーでいい感じ。

 

阿佐ヶ谷

僕はウエストランドのユーチューブ『ぶちラジ』をほとんど全部見ているので、芸能事務所のタイタンがあるイメージしかありません。

 

高円寺

古着屋が死ぬほどある。若者が集う。のに意外にラブホを探すのが大変。少し前はそのへんを普通に水道橋博士が走っていた、とかかなあ。思いつくのは。

サブカル要素がかなり多いのに、街がおのぼりさんに食われずに自然と住民と混じり合っているあたり、下北沢とは違うなあと。高円寺はフォークソングの時代にもよくテーマにされていたし、ガチ文化人から厚い愛着を持たれがち。若者はいつだって駅前の中州で歌います。

 

 

中野

高円寺のカルチャーっぽさを引き継ぎつつ、もっと親しげでポップにした感じですね。僕も好きな漫画の展示会見に行ったり、昔のYUKIグッズを仕入れに行ったりと訪問目的多し。

あと、そもそも通っていた大学が東西線沿いだったので、学生時代は毎日嫌でも下車させられてました。友達とナンパして美容師の電話番号を聞くまで帰れないゲームをして、ついに聞けたらテンション上がりすぎて友達とビンタし合ったり。中野サンプラザの前で朝までサッカーして小鹿みたいな足取りで帰ったり。

この駅のホームはわが人生の喜怒哀楽を知っています

f:id:nemuhiko:20200628042514j:plain

電車からおびただしい数の自転車が見えると、「あっそろそろ学校だ!」と思って気が重くになったんだよなあ…。

 

東中野

深夜まで開いてる店が意外とあったりして、快速が止まらないからといってそうあなどれない。新宿に人生を賭けようとする切れ者が棲まうイメージがあります。

あと、吉澤ひとみ氏がひき逃げしたのはここ。現場はめちゃくちゃ拓けてるのにどうしてああなったんだろう。


大久保

もうほとんど新宿。英会話の学校に期間限定でいってたときに降りてましたが、昼は人っ子一人いません。なんといっても歌舞伎町と新大久保コリアンタウンのあいだですから、相当の闇があるんでしょう。深入り厳禁。

 

f:id:nemuhiko:20200628210209j:plain

新宿

世界一人が降りる大駅。理由はないけど、昔からなぜか大好きです。改札は全ての口から出たし、全ての路線に乗ったし、婚姻届出したのも、いまの職場もここだし。

池袋や渋谷と同じく駅前はダンジョン。なのに、迷ってもなぜか嫌にならないというか、欠点も愛せてしまうんですよね。龍が如くシリーズ、神宮寺三郎シリーズなど、ゲームの世界でも歩きまくってますが、いまだに東口から西口に行く正式なルートがよくわかりません。

 

四谷

ビジネスのつまらない思い出しかないです。取引先の人に昼間から酒を強要されて、フラフラで会社に帰って、もと◯暴の社長に殴られるかと思ったら、「俺のために体張ってくれたんだな」と肩を抱き寄せられたことがありました。鉄砲玉時代。

 

御茶ノ水

40~50店ほどの楽器屋が立ち並ぶ狂った街。僕はバンドをやっていたので、好きとか嫌いとかじゃなくて通うしかなかったというか。今使ってるギターもここ産ですし、いろいろお世話になりました。

バンドのメンバーが働いてた時は、とんでもなく値引きしてもろた(しかし彼は楽器が好きなのと楽器を売るのは違う、といってわりかしすぐ辞めた)。僕が音楽雑誌社の面接を受けた時の面接官もクソ野郎だったし、やっぱり好きを仕事にしようとするとそれなりにがっかりすることもあるよね。

御茶ノ水からちょっと行けば神保町、本の街。女性店長が営むロックな本屋とかありますので機会があったら是非。

 

神田

秋葉原に近いとは思えないオフィス全開の土地なんですが、なぜかビジネスでは訪れたことがありません。高級な飲食店が多くて、大学生くらいの時は背伸びして高級店のランチを1000円くらいで食べるのにハマってました。そばとかすき焼きとか親子丼とか。

 

f:id:nemuhiko:20200628205720j:plain

東京

いよいよラスト!

大富豪のパーティーに何度かお呼ばれして、チンだかチョウだかよくわからない中国人実業家たちとモヒートを飲んだことがあります。高級肉ばかりで胃もたれしかけてるときに「好きなものを頼め!」と言われて、サラダが欲しいと言ったら、お前しけたやつだな!的な顔をされました。

 

✳︎✳︎✳︎

後半戦は以上です。

自分の中の引き出しをさらってみたら、思いのほか変なものしか転がってないのに愕然としました。それでも一応全部降りてたので、ひとまず中央線ユーザーを名乗る資格はあるんじゃないかと思いました。

でも、いつかネタがなくなったら山手線編でもやろうかな。それまでに大崎ゲートウェイに降りなきゃ‥‥。